〜「低コストで高品質」「短時間でハイパフォーマンス」なモノ・サービスを探し求めて〜

電気代の節約なら、コンセント抜くより電力会社の見直しを!【固定費節約】

どうも。
昔コンセント抜いたのを忘れて「買ったばかりのTVが壊れた」とメーカーに電話して恥ずかしい思いをしたことのあるズッカです。

「面倒なことは嫌いだけど、電気代の節約をしたい」

「かんたんで効果の高い方法ってどんなもの?」

と、思ったことはありませんか?

そんな人に真っ先に取り組んでもらいたいのが「電力会社の見直し」です。

コンセントを抜いたり、こまめにスイッチを切ったりすることは素晴らしい心掛けですが、大変な割に効果が見えにくく、習慣化するのも大変です。

電力会社の見直しなら、たった1度の手間で効果の大きい節約がずっと続きます

しかも、手続きはとても簡単で早ければ10分ほどで終わります。

我が家は電力会社を渡り歩いて3社目ですが、毎回「え?これで切り替わるの?」と思うほどです(笑)。

変えた後は定期的にすることは何もなく、ずっとそのままでOKです。

ちなみに我が家は、業界最安値と評判の「エルピオでんき」を利用していますが、節約額は年間約19,000円です(※東京電力との比較。4人家族。妻は専業主婦)。

今回は、そんな電力会社の見直しについて解説していきたいと思います。

電気代の節約なら、コンセント抜くより電力会社の見直しを!

電力会社の見直しをするなら、まず電力会社について情報収集しなくてはなりません。

そんな時にオススメなのが、電力会社比較サイトの「エネチェンジ」です。

エネチェンジとは?

エネチェンジとは、国内最大の人気を誇る電力会社比較サイトで、たくさんの会社やプランから比較検討できます。

郵便番号やひと月の料金などを入力するだけで簡単に料金のシミュレーションが可能です。

こんな感じで簡単な入力をするだけでたくさんの会社やプランから比較できます。

また、電力会社だけでなく、ガス会社の比較もできるので固定費削減に大きく貢献してくれるサイトです。

ただ、設立してまだ間もなく知名度が少ないせいか、Google検索すると「エネチェンジ 怪しい」という表示が出てきますが、安心してください。

まっとうな会社どころか、優秀な会社です。

エネチェンジが優秀な会社だと思う理由は以下の通りです。

  • 東証マザーズに上場する資本金12億円を超える大きな企業
  • 東京ガス、住友商事、昭和シェル石油など名だたる企業が出資している
  • 電力会社比較サイトNO.1で電力・ガスの切り替え10万件以上と実績豊富
  • 日経新聞に記事が頻繁に掲載される

それでも「火のないところに煙は立たぬ!」とお考えでしたら、僕の契約している「エルピオでんき」がオススメです。

特に一度も電力会社を変えていない方なら、ほぼ間違いなく安くなるはずです(※オール電化の方を除く)

電力会社を変えるにあたって、「使用開始までの流れ・デメリット・料金比較」など実例があった方がイメージが湧きやすいと思いますので、我が家で契約する「エルピオでんき」を例に解説していきたいと思います。

関連記事

「電気代の節約って色々聞くけど、結局どんなものが効果高いの?」「どうせやるなら、効果が高いものをやりたい」こんな風に思ったことはありませんか?今回そんな方の悩みに応えるべく効果が特に高いものを5つ[…]

「エルピオでんき」とは

エルピオでんき」とは、千葉県市川市に本社を置く50年以上続く老舗の企業です。

元々は地域密着型のLPガスの販売会社でしたが、2016年電力の自由化に伴い電力小売事業を開始。

「格安な電気をシンプルに使いたい」というニーズに応えるため広告費などのコストを徹底的にカットし、その分電気料金を安くするという企業理念を持っています。

我が家も「エルピオでんき」を選んだ1番の理由は、電気料金の安さです。

東京電力エリアの方でしたら、さきほどの「エネチェンジ」から検索しても恐らく検索上位に出ると思います。

僕も出たので(笑)。

5つのメリット

人物イラスト
2年6ヶ月利用していて僕が感じたメリットは以下の通りです。
  1. 業界最安値水準の料金
  2. 手続きが簡単
  3. 使用している電気量が、ほぼリアルタイムで見られる
  4. 24時間365日トラブル対応してくれる
  5. 契約期間の縛りや、解約手数料なし

① 業界最安値水準の料金
電気の質に高い低いはないので、1番のメリットは料金ですよね。
僕が調べた限り、オール電化以外の一般家庭(2人〜4人家族)での標準的な利用で最安値水準です。
ですから、自分自身も契約しています。
若干地域差はあるかもしれませんが、間違いなく最安値の水準ではあると思います。
公式ホームページでシミュレーションができるので、一度チェックすると節約額の目安が分かります
実際利用されている方も安いとの声が非常に多いです。

安い上に、10月末まで最大2万円のキャッシュバックキャンペーンやってるみたいですよ。


② 手続きが簡単
加入する場合に自分自身でやることは、たった1つです。
申し込みをするだけです。現在契約している会社への解約連絡も不要です。
その際、登録するのは3つです。
①名前、連絡先などの個人情報
②現在契約している会社の情報
③支払い情報
10分もあれば終わると思います。

正直、「え?こんなんで本当に切り替わるの?」っていう感じです。


③ 使用している電気量が、ほぼリアルタイムで見られる
ホームページにある「MY ページ」から、下の画像のような電気の使用実績を見ることができます。
最小1時間単位で使用量を見ることができるので、ほぼリアルタイムで状況を把握できます。
使用電力量の大きい家電を使った後など確認してみると面白いですよ。
確認できる時間軸は「1年」「1月」「1日」です。
下の画像は2020年度(上)と2019年度(下)の我が家の年間使用量のデータです。
2つの画像を見て分かることは、やはり夏場の電気使用量、特に8月が1番高いことが見て取れます。
また、去年新型コロナの感染拡大によるステイホームで1年間の電力量が上がったこと、特に初めて緊急事態宣言が出された年度の前半の使用量が大幅に増加しているのが分かります。
節約において現状把握は、とても大切です。
使用状況が可視化されることによって、節約意識が高まります。
体重を毎日計測して記録することで痩せる「レコーディングダイエット」のようなイメージです。
「電気代のダイエット」。
新しい言葉ですね(笑)

④ 24時間365日トラブル対応してくれる

電気のトラブル時に駆けつけてくれる「安心駆けつけサービス」というものがあります。

24時間365日何度でも無料で点検、調査、応急処置をしてくれます。

具体的な例として、以下のものがあります。

① 停電・電気がつかない
② コンセントが焦げ臭い
③ 分電盤のブレーカーがすぐに落ちてしまう
ただし、特殊工具や部品交換を要する場合など、作業内容によっては別途費用がかかる場合があります。

⑤ 契約期間の縛りや、解約手数料なし

契約期間のしばり、違約金や解約金の類は、一切ありません。

全てフリーダムです。

極論、契約して即解約しても大丈夫です(笑)

そんな人はいないと思いますけど、高いと感じたらペナルティー無しで解約できるのは安心ですよね!

デメリット

利用していてデメリットを感じたことはありませんが、敢えてあげるなら以下の3つですかね。

  1. 切り替えの場合、使用開始までに少し時間がかかる
  2. エリアによって料金体系が異なる
  3. 紙の請求書は有料

①切り替えの場合、使用開始までに少し時間がかかる

申し込みから使用開始までに約2週間〜1ヶ月半の時間がかかる。引っ越しであれば、最短8日前の申し込みで対応可能。

②エリアによって料金体系が異なる

同じ会社のサービスですが、地域ごとの料金プランが存在します。

各地域の料金表は、公式ホームページで確認できます。

また、公式ホームページでは料金のシミュレーションも簡単にできます。


③紙の請求書は有料

基本的に料金の確認は、「MYページ」で行います。

もし、どうしても紙で請求書をご覧になりたい場合は、100円+消費税を払うことで紙の検針票が発行されます。

東京電力・関西電力との料金比較

東京電力・関西電力との料金を表にしてみました。

いずれも圧倒的に安いことが分かります。

東京電力との比較

一般家庭で多い40Aの料金表

東京電力エルピオでんき
基本料金1144円00銭1086円80銭
1kWhの単価(〜120kWh)19円88銭18円84銭
1kWhの単価(121kWh〜300kWh)26円48銭23円03銭
1kWhの単価(301kWh〜)30円57銭25円78銭

我が家(4人家族・妻は専業主婦)で先述した昨年の8月で比較すると、単月で3,438円の節約となっています。

1年では、19,000円以上の節約額となっております。

関西電力との比較

こちらは、基本料金などがなく完全に使った分だけ支払う従量制です。

関西電力エルピオでんき
1契約15kwまでの最低料金341円02銭0円
1kWhの単価(〜120kWh)20円32銭23円33銭
1kWhの単価(121kWh〜300kWh)25円80銭
1kWhの単価(301kWh〜)29円29銭

1kWhの単価というと分かりづらいかもしれませんが、ガソリンスタンドをイメージして頂くと分かりやすいかもしれません。

ガソリンの価格は、スタンドによって違いますよね?

品質が同じで1㍑100円のガソリンスタンドと1㍑150円のガソリンスタンドだったら、どっちで給油されますか?

東京電力を使うということは、1㍑150円のガソリンスタンドで給油し続ける。

そんなイメージです。

我が家がもし、同じ関西地区に住んでいた場合、33,600円節約になるとの驚きの試算結果に。

他の全てのエリアでも我が家は14,000円以上の節約になるとの結果に。

自分がどのくらい安くなるか気になる方は、公式ホームページでシミュレーションができますよ♪

使用開始までの流れ

STEP1

申し込み

【ご自身でやって頂く部分です】

STEP2

スマートメーター取付

【メーター取り付けの作業日程についての連絡があります】
※スマートメーター未設置の場合のみ

STEP3

使用開始

【供給開始日はエルピオでんきからメールで連絡があります】

STEP1

公式ホームページからお申し込み。 

①名前、連絡先などの個人情報

②現在契約の電力会社の情報

③支払い方法の情報

を入力。

銀行口座引き落としを選択された方は、後日口座振替用紙の記入が必要です。クレジットカードで支払いの方は、オンラインで完結できます。


STEP 2

送配電事業者からスマートメーター設置の作業日程について連絡があります。作業日程をすり合わせ、作業日を決めます。

後日、スマートメーターを設置。費用はかかりません。

設置の際、基本的には立ち会いは不要ですが、設置場所やエリアによっては必要な場合もあります。


STEP3

供給開始の日が決まると、事前にエルピオでんきからメールで開始日が通知されます。その日をもって移行が完了し、使用開始となります。

まとめ

電気代の節約を考えるなら、1番の近道は電力会社の見直しです。

なぜなら、1度の手間で今後何もしなくてもずっと節約になりますし、なにより効果が大きいからです。

電気の質が変わらないのに、やらないのは正直もったいないと思います。

そのため、電力自由化になってから変えてない人を見つけるとお節介しています。

完全なお節介おじさんになってます(笑)

今後、地球温暖化対策で再生可能エネルギーの促進を理由に電気料金がどんどん上がっていくのは明白です。

事実2021年に入ってから、ほぼ毎月のように値上げしています。

どうせやるなら早めに手を打った方がお得です。

エルピオでんきは、業界最安値水準で契約期間の縛りや解約手数料などペナルティーは一切ないので、一度変えてみてはいかが?

10月末までなら【最大2万円のキャッシュバック】キャンペーンやってるみたいです。

エルピオでんきには、ココから飛べます。

※僕はエルピオでんきの社員ではありません(笑)

では、また!