〜「低コストで高品質」「短時間でハイパフォーマンス」なモノ・サービスを探し求めて〜

もうミスしない!指一本で簡単スクリーンショット【iPhone 便利技②】

■スクリーンショットをミスして、よくスリープ(画面オフ)になってしまう人

■ボタンの同時押しが面倒な人

スクリーンショット【iPhone 便利技】

 

スクリーンショットって、同時押しなのでミスすることってありませんか?

僕もミスして、スリープ(画面オフ)になったのを何度経験したことか・・・。

しかも、片手で操作って意外と難しいし、少し面倒じゃないですか?

そんな悩みを指一本で解決しちゃう方法があります。

その名も「背面タップ」

え? ナニソレ?って人もいるのではないでしょうか?

対象がiPhone8以降の機種でios14(iPhoneのシステムのバージョン名)から搭載された機能なので比較的新しい機能です。

一言で言うと、iPhoneの画面ではなく、背中を軽く2回 or 3回タップすることです。
すると、あら不思議、スクショの出来上がり。秒ですよ。秒。しかも、指1本。

満足度

時間の節約度3.5
快適度 5
かんたん度 5
総合4.5

 

時間の節約度  3.5

一回あたりの節約できる時間は数秒程度ですが、体感では半分以下になっていると思います。

ミスして画面オフがなくなることを考えると、そこそこの節約につながるのではないでしょうか。

快適度  5

一回設定すれば、その後は指一本で秒です。すごい快適ですね。なにより、ミスして画面オフがなくなるストレスからの開放が素晴らしいですね。

かんたん度  5

簡単ですよ。設定すぐ終わります。

30秒です。本当です。ストップウォッチで測りました(笑)

設定方法は次の項目で解説します。

設定方法

① iPhone内のこの「設定」のアイコンをタップ


 

② 設定内の「アクセシビリティ」をタップ
余談以外なにものでもないのですが、アクセシビリティって言いづらいですよね。絶対噛みますもん。
調べると、「近づきやすさ」、「利用のしやすさ」という意味らしいです。

 

③ アクセシビリティの「タッチ」をタップ

 

 


 

④ タッチ内の「背面タップ」をタップ

 


⑤背面タップ内で「ダブルタップ」「トリプルタップ」をタップ
何回背面をタップするか決めます(2回or3回)。
僕は、3回をオススメします。なぜなら、2回だと誤作動がちょこちょこ起こるからです。僕も以前はダブルタップで設定していたのですが、気づいたら、見に覚えのない写メがちらほら(汗)。
それ以降、誤作動を防ぐために3回に設定しています。

 

⑥トリプルタップ内の「スクリーンショット」をタップ

スクリーンショットを選択して設定完了です。今回のケースでは、トリプルタップで設定しましたが、ダブルタップで設定したい方も同様です。⑤の手順のところでダブルタップを選択して、その後にスクリーンショットを選択します。

また、お気づきになった方もいらっしゃると思いますが、スクリーンショット以外の機能を割り当てることが可能です。

ダブルタップ、トリプルタップのそれぞれに好きな機能を割り当てられます。

スクリーンショット以外設定可能な機能

スクリーンショット以外にも他の機能を割り当てられます。

代表的なものをご紹介します。

Appスイッチャー

今開いているアプリを表示します。アプリを行ったり来たり、切り替える時に便利な機能です。


Siri

もはや説明不要。「へい!しり!」が合言葉、 みんな大好き音声アシスタントのSiriです。

執事のように色々サポートしてくれます。僕はめちゃくちゃ使ってます。


Spotlight

iPhone内のデータを一括検索してくれるSpotlight。どこにいったかわからないアプリの検索をする時、よく使ってます。


コントロールセンター

各種設定や素早く立ち上げたいツールやアプリに瞬間アクセスできる機能。めちゃくちゃお世話になってます。特に地味に便利な懐中電灯が好き(笑)


シェイク

「前に戻る」のように直前の動作を取り消す機能ですね。

文字入力時に使う機会が多いのではないでしょうか。


その他

ホーム

ホーム画面(一番最初の画面)に戻ります。

 

音量を下げる

音のボリュームを低くします

 

音量を上げる

音のボリュームを高くします

 

画面をロック

画面がオフになり、真っ黒になります。ロック画面になります。

 

簡易アクセス

片手でも操作しやすいように画面が半分くらい下に降りてきます。

 

消音

消音モードに切り替えます。側面にあるスイッチがオレンジ色になっている状態と一緒です。会議中や電車の中で着信音が鳴って気まずい時に背面タップで瞬時にミュートできるので、意外と便利かもしれません。

 

通知センター

LINEやメール、着信などの新しい通知を一箇所でまとめて確認できる機能です。通常画面の一番上から↓にスワイプ(上から下に画面をす〜っとすべらす)すると表示されているものです。

 

その他、ショートカットなど便利な使い方が色々ありますが、今回は割愛いたします。

ちなみに僕は、ダブルタップをコントロールセンターに設定しています。

なぜなら、コントロールセンターを使おうと一生懸命スワイプしても言うこと聞かん坊の時があるからです。

特にYou Tube、WEBサイト、LINEの画面を開いている時、全く言うこと聞かないことがあります。背面タップに変えてからは、素直な坊やに変貌しました。快適です。

もし、よければお試しあれ♪

注意点

冒頭お伝えしましたが、対象はiPhone8以降の機種で、iPhoneのシステムであるiosのバージョンが14以降の方です。8以降でアップデートを普通に行っていれば、全く問題ないです。

また、スマホケースを付けていても恐らく普通に利用できます。僕はできています。

まとめ

片手で色々操作したい、誤操作を防ぎたいと思う人に便利な機能「背面タップ」。今回の記事で、あなたのハートにタップできたかな?

皆さんの殺意が湧いたところで、今日はここまで(笑)