〜「低コストで高品質」「短時間でハイパフォーマンス」なモノ・サービスを探し求めて〜

文字入力が遅いと感じてる人必見!文字入力が高速化する【iPhoneの便利技】

文字入力が高速化するiPhoneの便利技

皆さんは、iPhoneの「文字入力がもっと早くなったらいいな」って思いませんか?

僕も以前はよく思ってました。

特に、そう感じるのは

■メールアドレスの入力時
■Wi-Fi接続時のパスワード入力時
■漢字変換しても変換されなかった時(特に友達の名前とか仕事での専門用語)
■漢字変換しても検索候補になかなかあがってこなっかた時
■【】『』などの特殊な記号や文字の入力時
■英単語の入力時

など数えあげたらキリがありません。

そんな悩みを一発で解消してくれるのが

その名も「ユーザー辞書」

え? 何をいまさら?

そうですよね。知ってる方も多いと思いますが、使いこなすと便利なので皆さんと共有したくて。

だって、長々したメールアドレスの入力もですよ。

変換した時、快感ですよ。

満足度

時間の節約度 3.5
快適度 5
かんたん度 5
総合 4.5

 
時間の節約度  3.5

これは、LINEなどのSNSのヘビーユーザーで文字入力を頻繁に使用する人と、ほとんど使用しない人で大きな差があり、個人差が大きいので、この評価になりました。

僕はSNSのヘビーユーザーではありませんが、使用しないわけではないという程度で時間の節約になっていると実感しています。

一回あたりの節約できる時間は数秒、長くても数十秒かもしれませんが、積み重なると結構大きいのかなと思います。

快適度  5

一回登録するだけで、その後は秒で変換できるので快適です。

特にアドレスなどの長い英数字の場合、小さい画面でキーボード入力したり、フリック入力するのは大変ですし、数字入力のために画面を切り替えるのも面倒です。

一回登録するだけで、ずっと使えるので、やらない手はないと思いますよ。

メールアドレスを複数持ってる人は特にオススメです。

実際僕の場合、ひらがなで「あど」と入力すると↓のように複数のメールアドレスが予測候補にあがってきます。

全てのアドレスが「あど」の2文字入力しただけで思いのままに(笑)
快適間違いなしです。

他にも、例えば「貴家」。これ人の苗字なんですけど、読めますか?
さすがです。いや、流石じゃなくて、苗字が「さすが」さんです。
読めた人は、さすがですね〜。え?寒いですか?失礼しました。
普通にさすがを変換したら、↓のようになります。

さすがをさがすになりますよね。
え?しつこいですか?すみません。

今の時代、名前のバリエーションが豊富になり、当て字も多く見掛けるので、一発変換できないお知り合いがいれば、登録しておくことをオススメします。

かんたん度  5

とても簡単なので、すぐに設定できますよ。

使用時も自分で決めたワードで呼び出せるので楽です。

以下の設定方法をご覧になって頂ければ、すぐに使えるようになります。

設定方法

① 説明不要かもしれませんが、iPhone内のこの「設定」のアイコンをタップ


 

② 設定内の「一般」をタップ

 


 

③ 一般内の「キーボード」をタップ

 


 

④ キーボード内の「ユーザー辞書」をタップ

 


⑤ー① ユーザー辞書内の「+」をタップ

 

⑤ー② 登録したい文字を入力
(今回の例は、このブログのURLアドレス)

 

⑤ー③ よみを登録(登録した文字を呼び出すための文字)
(※今回の例は、URLアドレスなのであどで呼び出す)

これで登録完了です。
次回以降、「あど」と入力すると↓のように、すぐ呼び出せるようになります。

注意点

何かのパスワードは情報漏えいの心配があるので注意が必要です。

僕もパスワードは登録してないです。

唯一登録しているのはWi-Fiのパスワードです。

呼び出す文も「ぱすわーど」とか、すぐに分かるものではないです。

Wi-Fiのパスワードは、家電などをインターネットに接続する時以外使用する時に使います。

そういう機会がない人は登録しなくても問題ないと思います。

また、iPhoneを紛失した時のため、パスコードを10回間違えると初期化する設定もしています。

これは今回の件を抜きにしても情報漏えい防止の観点から、設定しておくといいでしょう。

まとめ

文字入力を高速化してくれる「ユーザー辞書」。

難しい単語も気持ちいいくらい速攻変換してくれます。

設定は簡単で一度の手間で、ずっと使えるので使わない手はないですよ。

では、また!