【頑張らない楽しい節約】をテーマに「低コストで高品質」「短時間でハイパフォーマンス」なモノ・サービスを配信中

LINEMOの悪い評判や口コミは本当?ミニプランを1ヶ月使った感想

どうも。三大キャリアを含め様々な携帯会社をあっちこっちと利用してきた渡り鳥のズッカです。

「LINEMOが気になるけど、悪い評判が気になる」

「本当に安くて質が高いの??」

って思っていませんか?

携帯会社を変えたり、新しくするのって、なかなか勇気がいりますよね?

僕も乗り換える際は、評判や実際に使っている人の感想が気になっちゃいます。

特に損したり、失敗するのが嫌なので悪い評判や口コミを積極的に見てしまう癖があります(笑)。

今回の記事は、そんな僕と同じように思ってる方必見の内容になっています。

LINEMOの悪い評判や口コミは本当?ミニプランを1ヶ月使った感想

1ヶ月使った感想

LINEMOを使用しているのは妻ですが、1ヶ月使って特に不満はなく概ね満足とのことです。

それもそのはず。

LINEMOは、MVNOと言われる通信回線を借りてサービスを提供する一般的な格安SIMとは異なり、ソフトバンクから出している料金プランの1つで、手続きなどは全てオンラインで行うオンライン専用のブランドです。

ですから、回線そのものはソフトバンクの回線ですし、対応エリアであれば5Gだって利用可能です。

三大キャリアの1つを利用しているので、通信品質は高いと言えます。

では、なぜ悪い評判や口コミがあるのか?

次の項目で解説します。

悪い評判や口コミに対する意見

僕が評判や口コミを色々調べたところ、悪いものだけを抽出してまとめると以下の5つになります。

  1. 速度が遅い
  2. スマホの購入ができなくて不便
  3. サポートがない
  4. オプション等が不便
  5. プランが少ない

悪い評判や口コミは、その多くがオンライン専用ブランド特有のものでした。

それぞれの感想と対策について触れたいと思います。

① 速度が遅い

確かに否定的な意見も散見されますが、それ以上に肯定的な口コミの方が多かったです。

妻に関しても速度に関して不満を感じたことは、1度もなかったとのことです。

通信速度はエリアやネットワークの混雑状況や使用する端末の性能など複数の要因によって決まるものなので、利用者全員が満足するというのは、どの携帯会社でも現実的には厳しいです。

これまでも「ドコモ」「au」「ソフトバンク」の全ての携帯会社で「電波が悪い・速度が遅い」と嘆いている人達を見てきました。

皆さんもそんな経験はないですか?

妻の契約は、通信容量が3GBのミニプランという契約でインターネットの利用は多くはありませんが、地図の使用やYou Tubeの視聴で不便を感じたことはないとのことです。

You Tubeを快適に視聴するための通信速度は、高画質での視聴は5Mbps、スマホでの視聴であれば2.5Mbpsが目安ですが、スピードテストを複数回行って2.5Mbpsを下回ったことはありませんでした。

対策ではありませんが、通信速度に満足いかなかったら契約期間の縛りやペナルティー、その他解約に関する手数料もないので、すぐに解約して乗り換えるのも1つの手ですね。

また、解約時ではありませんが、初回契約時の事務手数料も0円です

つまり、契約時も解約時も敷居が低いので乗り換えがしやすいです。

② スマホ購入ができなくて不便

確かにLINEMOでは、スマホの購入をすることはできません。

では、どうしたらよいのか?

選択肢は2つです。

今あるスマホを使うか、他で購入するかです。

今あるスマホを使う

SIM フリーのスマホを持っているか、ソフトバンクの契約者の方ならそのまま利用できますが、そうでない場合は「SIMロックの解除」が必要です。

「SIMロックの解除」って聞くと、なんだか面倒だなって身構えてしまうかも知れませんが、全然簡単です。

解除方法は「店頭」でお願いするか、「ウェブサイト」で自分で行います。

店頭でお願いする場合は、手数料が発生します。

「ウェブサイト」で行う場合は、手数料はかかりません。ドコモの場合は、パソコンからのアクセスが必要です。

また、ドコモの場合は電話でも解除が可能ですが、店頭でお願いする時と同様に手数料が発生します。

詳しくは、各キャリア公式の該当ベージをご覧ください。

ロック解除の対応スマホかどうかも確認できます。

他で購入する

端末を購入する場合、「ドコモ」「au」「ソフトバンク」で購入する方が安いんじゃないかと思われるかも知れませんが、そうとも限りません。

例えば、最新モデルのiPhoneを例に各キャリアとAppleの公式ショップで比較した場合、価格は以下の通りになります(2021年10月13日現在)。

【iPhone13の税込価格】

128G256G512G
公式
ショップ
98,800円110,800円134,800円
ドコモ111,672円125,136円164,736円
au115,020円128,970円156,995円
ソフト
バンク
115,920円129,600円157,680円

ご覧の通りAppleの公式ショップが1番安いです。

もちろん、下取りや分割支払いも可能です。

ただし、2年以内に買い替える人向けの便利なプランなどはありません。

他のスマホでも各公式ショップやAmazonなどで「Xperia SIMフリー」などで検索すると沢山出てきます。

もし、どうしても乗り換えと同時にスマホの購入をしたい場合は、ドコモのオンライン専用ブランド「ahamoも選択肢の1つでしょう。

③ サポートがない

電話や店舗での有人のサービスは行っていません。オンライン専用ブランドの宿命ですね。

ですから、店舗もありませんし、電話番号もありません。

これはLINEMOだけでなく、他社のオンライン専用ブランドも同様です。

その代わり、有人によるチャットサービスを利用できます。

チャットサービスを何度か利用したそうですが、電話が繋がらなかったり、店舗で待たされるストレスがないので逆に快適だったと言っていました。

また、申込み時だけ対応してくれるサポートの電話番号は存在します(※問い合わせには申込受注番号が必要)。

④ オプション等が不便

三大キャリアでは利用できる以下のオプションが利用できません。

  • キャリアメール
  • 転送・留守番電話が使えない
  • データ通信量の繰越しができない

こちらに関してもオンライン専用ブランド特有のものですね。

LINEMOだけでなく、他社のオンライン専用ブランドにおいても同様です。

キャリアメール(携帯会社のメール)は、GmailやYahooメールなどで代替可能です。

転送・留守番電話を代替できるものはないので、着信があったら折り返すしかありません。

本当に重要な連絡であれば、電話以外の連絡手段は沢山あるので、電話以外の連絡でコンタクトがあるのではないでしょうか?

データの通信量の繰越しができないのは少々もったいないですが、ご自身の1ヶ月で利用するデータ通信量を把握し、それに見合ったプランで契約したり、管理するしかありません。

足らなくなった場合は、1GB550円で簡単に購入できます。

ちなみにテザリングは無料なので、データ量は共有可能です。

⑤ プランが少ない

LINEMOのプランは2つのプランだけなので確かに少ないですが、非常にシンプルで分かりやすいという見方もできます。

具体的にプランは、通信容量が

「3GB」990円のミニプランか

「20GB」2,728円のスマホプランの2つです。

通話料は国内通話で22円/30秒です。

また、かけ放題のオプションを追加することもできます。

かけ放題は「5分以内」と「完全かけ放題」の2つがあります。

かけ放題はスマホの標準の電話アプリで利用できます。

料金を表にすると、以下のようになります。

ミニプラン(3GB)
【990円】
スマホプラン(20GB)
【2,728円】
5分以内かけ放題
【550円】
総額 1,540円総額 3,278円
完全かけ放題
【1,650円】
総額 2,640円総額 4,378円

シンプルである分、逆に比較もしやすいので、今のデータ通信量と通話時間などを比較してご自身にメリットがあれば乗り換えを検討しましょう。

ちなみに、MM総研というリサーチ会社が過去に行った調査によると、全ユーザーの50%以上が1ヶ月に利用するデータ通信量は3GB以下という結果なので、半分以上のユーザーがミニプランで十分対応可能ということです。

以上の悪い評判や口コミの多くは、安い価格を実現するためのオンライン専用ブランド特有のものです。

妻にとっては(僕も)全く気にならない事ですが、気になる方も当然いらしゃっると思います。

それを踏まえてこれまでの快適さをとるか、安さをとるかの2択になります。

LINEMOで良かったところ

「料金が安い」「品質が高い」のは、他のオンライン専用ブランドでも一緒です。

では、LINEMOって、どんなところが良いのか?

LINEMOならではの良かった点は2点あります。

LINEが使い放題

「LINEギガフリー」といって、LINEでのトーク、音声通話、ビデオ電話をいくら使ってもデータ消費はゼロです。

つまり無料です。

特にデータの消費量が気になる「トークでの画像や動画の共有」や「音声通話」や「ビデオ通話」がゼロなのは嬉しいですよね。

電話は、ほとんどLINEの音声通話しかしないという人にとっては最高のサービスですね。

LINEの音声通話だけで事足りるのであれば、かけ放題のオプションは不要なので「3GB 990円」か「20GB 2,728円」の料金だけで済ますことができます。

ただし、ニュース記事の閲覧など一部の機能は対象外なので、詳細が気になる方は「LINEMO」のホームページをご覧ください。

サポートが分かりやすい

オンライン専用ブランドなのでオンラインで手続きを全てやらなければならないのですが、その分わかりやすくなっています。

特に「契約確認および変更」「データ量の確認」「データのチャージ」などがシンプルで使いやすいです。

ですから、「データをチャージしたいけど、どこのページからやればいいんだろう・・・」ということはありません。

主にLINE内で操作するのですが、日常的にLINEを使っている人なら自分の知りたい情報までスムーズに辿り着くことができるでしょう。

LINEから色々な確認やお問い合わせを行います。日常的に利用されている方であれば、スムーズに操作できます。
先程のお問い合わせをタップした状態。ここから色々な確認ができます。解約もここからできるので満足いかなかったらスムーズに解約できます(笑)。
残りのデータ量の確認も簡単にできるので使い過ぎを防げます。また、足らなくなった場合も、すぐにチャージが可能です。

LINEMOが向いている人

LINEMO

LINEMOは、三大キャリアと同様の品質が低価格で利用することができるお得なサービスです。

その中でも特に以下のような人にオススメです。

  1. LINEの使用が多い人
  2. 1ヶ月のデータ使用量が3GB前後の人
  3. 電話をよく使う人

① LINEの使用が多い人

LINEを頻繁に利用する人であれば、他社と比べた時にデータの消費量が少なくて済むので、その分他にデータ量を回せます。

また、最悪データ使用量の上限を超えてしまっても、LINEだけは通常の速度で利用することができます。

電話がLINEの音声通話メインの人でも安心して利用できます。

② 1ヶ月のデータ使用量が3GB前後の人

ドコモのオンライン専用ブランド「ahamo」では、プランが20GBのみですが、LINEMOではデータ消費量の少ないユーザーも恩恵をしっかり受けることができます。

先述の通り全ユーザーの50%以上が1ヶ月に利用するデータ通信量が3GB以下なので、半分以上の方は快適に利用できます。

また、LINEをよく利用する3GB前後のユーザーであれば、LINEの利用はデータを消費しないので、3GBを超えづらくなります。

③ 電話をよく使う人

「アプリなし完全かけ放題の料金」が最安値水準(かけ放題+データ容量3GB=2640円)なので、仕事やプライベートで通常の電話を多く利用する方にオススメです。

詳しくは別記事でも紹介しています。

>>>【アプリなし無制限かけ放題】最安値の格安SIM、スマホ2台持ちにもオススメ

以上、3つのうちどれか1つでも当てはまれば、乗り換えるメリットは大きいです。

2個、3個当てはまるなら、もはや乗り換えるべきですね(笑)。

乗り換えする際の注意点

乗り換えを検討している人は以下の2つに注意が必要です。

スマホが対応しているか

LINEMOで使用できるスマホ(端末)、使えないスマホがあります。

新しいものであれば対応しているとは思いますが、万が一対応していなかったら大変なので念の為確認はしておきましょう!

機種情報は随時更新しているので確認は「LINEMO」のホームページをご覧ください。

SIMロックの解除が可能か

もし、今あるスマホをLINEMOでも使う場合は、SIMフリーでなければSIMのロック解除が必要です。

ロックの解除が可能かは、使用できるスマホかどうかを確認する際に一緒に確認してしまいましょう。

また、乗り換えでPay Payのポイントキャシュバックのキャンペーンなどを行っていますが、もらえる条件が変わることもあるので、もらいそびれないように事前確認は怠らないようにしましょう。

他にも色々キャンペーンをやっているので、キャッシュバックも含めて「LINEMO」のホームページで確認しましょう!

利用できるキャンペーンは、できるだけ利用しないともったいないですからね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「LINEMO」に対しての見方は変わりましたか?

最後に、今回の内容をもう一度まとめたいと思います。

LINEMOの悪い評判や口コミをまとめると以下の5つです。

  1. 速度が遅い
  2. スマホの購入ができなくて不便
  3. サポートがない
  4. オプション等が不便
  5. プランが少ない

速度が遅いこと以外はオンライン専用ブランド特有のものでした。

通信速度はエリアやネットワークの混雑状況、使用する端末の性能など複数の要因によって決まるものなので、利用者全員が満足するというのはどの携帯会社でも現実的には厳しいのではないでしょうか?

また、1ヶ月使ってみてLINEMOならではの良かったところは、「LINEが使い放題」で「サポートが分かりやすい」ということで、LINEMOが向いている人は次のような人です。

  1. LINEの使用が多い人
  2. 1ヶ月のデータ使用量が3GB前後の人
  3. 電話をよく使う人

ただし、乗り換えをする際は次の2つの点に注意が必要です。

  1. LINEMOが使用可能なスマホか
  2. 今あるスマホを使用する場合、SIMロック解除可能か

少しでも気になったらスマホが対応してるか、SIMロックの解除が可能なスマホかどうか「LINEMO」の公式ホームページで確認しましょう!

ソフトバンクのオンライン専用ブランド「LINEMO」は、妻と僕にとっては非常にコスパの良いサービスだと感じました。

確かにオンライン専用ならではのデメリットは多少ありますが、安く利用できることのメリットの方が遥かに上回っていると感じました。

携帯料金の差額を年間で考えたら、大きな節約になります。

浮いたお金で貯金はもちろん、美味しいものを食べたり、遊んだり、旅行して楽しんでもいいのではないでしょうか?

契約期間の縛りやペナルティーはなく、解約に関する手数料もないのでチャレンジしやすいと思います。

思い立ったが吉日!早ければ早いほど節約額は大きくなります。

行動するなら今ですよ〜。

では、また!