〜「低コストで高品質」「短時間でハイパフォーマンス」なモノ・サービスを探し求めて〜

西武園ゆうえんちで昭和レトロとゴジラを体感せよ!割引や待ち時間を減らす攻略法まで徹底レビュー

■昭和の時代が好きな人

■敗戦から蘇る元気な日本の雰囲気を感じたい人

■人情味溢れる人とのつながりが好きな人

■最新のアトラクションには目がない人

滞在時間:6時間30分(ランチ時間含む)
歩数  :11000歩弱 

※この記事は2021年5月19日に執筆しました。
※広報の方の許可を得て、キャストさんを撮影しています。

リニューアルした「西武園ゆうえんち」の見どころ

結論から言うと、僕が感じた見どころは2つです。

入ってすぐにある「夕日の丘商店街」と最新のアトラクション「ゴジラ・ザ・ライド」です。

この2つのために、お金を払うと言っても過言ではないかもしれません。

夕日の丘商店街

入ってすぐ正面にある「夕日の丘商店街」は、映画「ALWAYS 三丁目の夕日」の世界観が好きな方には、グッとくると思います。

昭和で表現すると、まるで田○俊彦のように、ハッとして、グッときちゃうかもしれません。(若い世代の方ごめんなさい(汗))

1960年代の昭和をテーマにしているので、あの熱気がムンムンして、活気や元気がいっぱいだった日本にタイムスリップしまったしような感覚に陥ります。

まぁ、僕は生まれていないので、あくまで勉強したことやイメージで話をしてますけど(笑)

1960年代を紐解くキーワードとして「東京オリンピック」「大阪万博」「所得倍増計画」「三種の神器」「ベビーブーム」などがありますが、敗戦から不死鳥のように蘇った活力溢れる日本を肌で感じることができたような気がします。

建物や雰囲気だけではなく、演出もそれを感じさせてくれます。

ところどころでゲリラ的に行われるショーや小芝居は、必見です。

油断していると、いきなりショーが始まりますよ(笑)

あまりネタバレしてしまうと楽しみが減ってしまうので、一部だけご紹介します。

今やめっきり見る機会がなくなった「バナナの叩き売り」。寅さん顔負けの口上で、ぐいぐいお客さんに絡んできます(笑)

縦の動画ですが、一部ご覧になれます。

金物屋?で突如始まった鍋やフライパンを使ったドラムショー。普通っぽい店員さんが、いきなりサングラスをかけて豹変します(笑)

商店街のマドンナ的な存在のキャストさん。めちゃくちゃフレンドリーで明るいです。

もはや、商店街にいる人全員がエンタテイナーと思っても間違いないかもしれません。

言葉だけでは商店街の雰囲気は伝わりづらいので、画像をご覧になって味わってください。

最初からそうしろ!って声が聞こえてきそうです(笑)

今では絶滅危惧種に指定された(笑)わかりやす過ぎる泥棒。ちょこちょこ現れます。

当時の三種の神器が祀られてる?(笑)電器屋さん。

近くにいらしたマダムが、「そうそう、こういう風に買ってたわ〜」とエキサイトされてました。

射的やスマートボールなどの体験型店舗もあります。彼女や奥さんの前でいいところを見せて、ハートも射止めたいですね(笑)

若い方は初めて目にするかもしれないレコード。昔は、子ども用雑誌の「ふろく」でついてきました。

昔懐かしのおもちゃがところ狭しと並んでいます。

ダイヤル式電話機。ここは、黒電話ちゃうの?と思いました(笑)

「カステラ1番、電話は2番〜♪」でお馴染みの文明堂のCMが流れてました。

園内MAPも手が込んでます。

ポスターや貼り紙も抜かりはないです。余談ですが、小さい男の子とデブゴンがダブりました(笑)髪型だけですかね?

BGMも、もちろん昭和縛りです。美空ひばり、水前寺清子、植木等、ドリフターズなど往年の昭和のスターの曲がエンドレスで流れてます。

また、他のテーマパークでは見られない昭和の装いをしたお客さんやご年配のお客さんの姿がちらほら見られました。

尚、商店街はアーケードになっているので雨でも楽しめますよ。

ゴジラ・ザ・ライド

ハッキリ言って、すごいです!

西武園ゆうえんちの本気を見ました。

何がすごいって、

「迫力」「リアルな映像」「没入感」が、すんごいんです!

球状のスクリーンに包まれ、大迫力の映像と動く座席で、これまでにない没入感でした。

思わず3回乗りました(笑)

これまで乗ったアトラクションで、間違いなく3本の指に入ります。

イメージとしては、ディズニー系で言うと「ミクロアドベンチャー」や「スターツアーズ」で、USJ系で言うと「ハリーポッター」や「スパイダーマン」に近いですね。

今挙げたものと比較して、全然負けてないというか凌駕してるかもしれません。

また、他では見られない、めちゃくちゃに破壊された東京の景色を一望できますよ(笑)

妻も「ゴジラの世界に放り込まれたみたい」と大興奮。

あまりの没入感に乗り物酔いしない僕でも、やや酔ってしまいました。

ハッキリ言って(2回目)、ゴジラ好きには感涙ものだと思います。

画像は、撮影禁止なのでありません(笑)

悪しからず。

あ、かろうじて建物のエントランスの画像だけありました。

ゴジラの迫力全然伝わりませんよね?(笑)

本物の迫力は是非現場で味わってみてください!

ランチ

テーマパークにある食事なんて、どうせ・・・と、考えていましたが、良い意味で裏切られました。

空腹は最高の調味料なのか、昭和の懐かしさという特別な調味料が作用しているのかは、分かりませんが、普通においしかったです。

今回食事したのは、商店街の奥に位置する「助六屋」さん。

昔ながらのオムライス。ウシジマくんが食べてそうな感じで素朴な味が懐かしいです。

エビフライやコロッケ、ハムカツの盛り合わせの定食。素朴な味で好感が持てます。さっきから、素朴しか言ってないのバレてます?(笑)食レポ苦手なんですよ(笑)でも、おいしいですよ。

テーマパークのラーメンと侮るなかれ、ラーメン好きを自称する僕も満足の一杯です。昔ながらの東京らーめんのような素ぼ・・・優しい味です。成長しました(笑)めちゃくちゃ細い麺で、飲み物のようにスルスルいっちゃいます。思わず2杯いきました(笑)

商店街にある肉屋さんで売ってるメンチカツ。サクサクでソースなしでも美味しいです♪結構並んでました。

あげパン、小倉クリイムサンドに懐かしのミルメーク。どんだけ食べてるんだ?って、思いましたよね?この日はフードファイターになりました(笑)

懐かしの「おもちゃ」や「お菓子」

商店街には懐かしいお菓子やおもちゃが販売されています。

そこは、クラッカーじゃないのかよ!って、ツッコミが聞こえてきそうですが、園内で販売されてるのは、クリケットです(笑)

西武園ゆうえんちオリジナルのスナックですかね?

後生大事に持ってるので、まだ開封していません(笑)

待ち時間を減らすための攻略法

待ち時間を減らすためには、何に並んでいるかをまず把握しましょう!

時期やタイミングによると思いますが、並ぶところは以下の4箇所です。

僕が見た限り上から順に並んでいた時間が長かったです。

①食事するところ

②西武園通貨を購入する郵便局

③ゴジラ・ザ・ライド

④チケットの券売機

※西武園通貨とは園内で食事やショッピングに使う独自の通貨。それ以外の決済はできません。

この4つについて、いかに並ばずに済むかを考えます。

まずは、事前購入できる②と④は、来園前に済ませておきましょう。

④のチケットに関しては、入場制限中はそこまで並ばないかもしれませんが、②を購入する際に一緒に購入できるので、購入しておいて損はないと思います。

西武園通貨を購入できる郵便局。窓口が2つしかないため、結構並んでいました。

西武園通貨に関しては、当日限りでお釣りもないので使い切らないと損してしまいます。

ですから、食事する金額を予め調べて、食事で使う金額+αくらいを事前購入で、足らなかったらその時買い足すというスタンスが良いと思います。

①の食事する場所で行列を作っていたのは、商店街内にある「VICTORIA」と「助六屋」です。

絶えず行列が続いていた喫茶店「VICTORIA」。

混雑していない時間はオープンしてすぐと14時以降でした。食べる時間を気にされないのであれば、その時間帯を狙っていくのがオススメです。

まとめると、②と④を事前購入して①の食事は空いてる時間帯を狙って、他の時間帯で③のゴジラを楽しむのが良いのではないでしょうか。

①から④の全てが終わった後、ゆっくり商店街を楽しむのが効率的だと思います。

おそらく一番長くいるところで、商店街を軸に行動することになると思います。

試行回数が1なので万能ではないかもしれませんが、参考にして頂けると幸いです。

後日、友人が訪問して「攻略法が効果的だった」とお墨付きをもらいました(笑)。
チケット購入も並んでいたそうで「事前に買っといて良かった。助かった。」と言ってもらえました。
さらに、ゴジラの待ち時間が増えてるとのことです。(※6月8日追記)

せっかく早起きしたり、お金を掛けて高速道路に乗ったのに台無し・・・なんてことになったら嫌ですよね。

無駄な待ち時間は、できるだけ減らして遊べる時間をたくさん確保しちゃいましょう。

新型コロナの感染状況によっては入場制限があり、上限に達した時点でチケット販売が終了することもあるので、事前購入しておけば安心です。

事前購入は、日本最大級のレジャー予約サイトの「アソビュー!」が取り扱いをしています。

西武園ゆうえんち公式サイトでも「アソビュー!」から購入することになっています。

また、時間だけじゃなく、お金を「無駄にしない」ことも大切です。

西武園通貨は、当日限り有効でお釣りもないので使い切らなくてはなりません。

食事で使い切れなかった分は、お菓子や懐かしのおもちゃなど単価の低いもので使い切ってしまいましょう!

無駄は「ダメ、ぜったい」です(笑)

各種料金・割引情報

 

1日パスポート
(1日レヂャー切符)

大人(中学生以上)4,400円
小人(3歳〜)3,300円

 

障がい者料金

大人(中学生以上)2,200円
小人(3歳〜)1,650円

※※障がい者料金は「身体障がい者手帳」「愛の手帳」「療育手帳」「精神障がい者保健福祉手帳」の各手帳・障がい者手帳アプリ「ミライロID」の提示が必要。

 

園内で使える通貨付き
得1日レヂャーパック

大人(中学生以上)西武園通貨
450園分付
9,500円
小人(3歳以上)西武園通貨
450園分付
8,500円

※西武園通貨とは、園内で使える独自の通貨。園内での買物は全てこれで行います。
僕の体感としては10園=120円くらいですね。

割引情報

現在確認できる割引は2つだけです。

  1. 株主優待券
  2. アソビュー!

以前は、「SEIBU PRINCE CLUBカード」という西武グループの会員カードで割引があったようですが、現在は取り扱いがないようです。


①株主優待券

西武ホールディングスの株を一定以上保有すると、「1,000円共通割引券」がもらえます。

1会計2,000円(税込)ごとに、1,000円の割引を受けられます。

詳細は公式ページをご覧ください。


②アソビュー

レジャー予約サイトの「アソビュー!」は、各施設ごとの割引をしていたり、クーポンが出ています。

特にはじめて利用される方は、会員登録すると10%OFFのクーポンがもらえたり、12,500円分が10,000円で購入できるプレミアムチケットを購入できることもあるので、とてもお得です。

さらに、ポイントまで付いちゃいます。

アソビューには、ココから飛べます。

また、事前購入できるのはアソビュー!だけです。

購入できるのは、基本的に

「通貨とフリーパスのセット」

「フリーパスのみ」

「西武園通貨のみ」

の3種類があります。

その他、夏場はプールの入場券やお祭りの入場券などがあります。

チケット購入の無駄な時間を省きたい方や、混雑を避けて蜜を回避したい方は、事前購入しておくことをオススメします。

スムーズな入場ができますよ♪

アソビュー!は、1度登録してしまえば次から他の施設でも入力する手間が省けるので楽ですよ。

また、宿泊を伴う方であれば、各種宿泊予約サイトでチケットとセットのプランが販売している場合もあります。

予約サイトで「西武園ゆうえんち チケット」と検索してみると、対象プランがあるかもしれません。

駐車料金

料金[ゆうえんち駐車場 ] 1,800円
[臨時駐車場A・B ] 1,500円
[バス・大型車]    2,500円
[バイク]          500円
[自転車]          100円
駐車台数▷500台前後
▷臨時駐車場は未確認
営業時間開園1時間前〜閉園1時間後

※電気自動車等用充電設備はありません

営業時間

 

【5月】
<月曜〜金曜>
10時〜19時(18時最終入園)

<土・日曜>
10時〜20時(19時最終入園)


【6月】
<月曜〜金曜>
10時〜17時(16時最終入園)

<土・日曜>
10時〜19時(18時最終入園)

◆営業時間などの確認はコチラ

※営業日や営業時間は変更の可能性あり。事前確認するのがオススメ。
※チケットの販売を制限する可能性あり。

施設の充実度

リニューアルしたこともあり施設は整っていると思います。

レストランや売店は商店街に揃っていますし、トイレやゴミ箱も定期的に設置されています。

また、小さなお子さん向けの設備も一通り整っているので安心して利用できます。

上の3つの画像はレッツゴー!レオランド内にある授乳室・調乳スペースです。

小さいお子さん向け設備

ベビーカーのレンタルインフォメーションセンターで貸出
1日500円 A型タイプ
おむつ替えスペースほとんどのトイレに設置
(5箇所以上確認)
授乳室にも1箇所設置
レストラン子供用椅子4箇所あるレストランのうち3箇所あり
舶来グリルのみなし
授乳室・調乳スペース1箇所(2室)
レッツゴー!レオランド内
(休憩スペース併設)
コインロッカーメインエントランスと展望台の2箇所
大型600円 小型500円
(返却時100円のみ返金)
関連記事

■大自然と融合した動物園を楽しみたい人■国内で唯一見られる“世界一しあわせな動物”と言われる「クオッカ」を楽しみたい人■アスレチックや遊具など色々楽しみたい人■森の中をハイキングして運動不足を解消したい人[…]

アクセス

「西武園ゆうえんち駅」降りてすぐです。あまりの近さに一瞬アトラクションと見間違えるほどです(笑)

車の場合、交通状況によりますが、公式ホームページによるとインターチェンジから30分以内となっています。

新宿駅・池袋駅から最寄りの「西武園ゆうえんち駅」まで両方とも50分以内なので、東京都心から日帰り可能です。

電話番号・所在地

📞電話番号
04-2929-5354

〒359-1145 埼玉県所沢市山口2964

電車をご利用の方

●西武山口線「西武ゆうえんち駅」下車すぐ

車をご利用の方

●関越自動車道「所沢IC」から約12km(約30分)
●圏央道「入間IC」から約10km(約20分)

注意点

 

  • 遊園地内での支払いは西武園通貨という園内限定の通貨が必要(※当日限り有効・返金不可)
  • 西武園通貨は、商店街の郵便局で購入する(窓口2つ)
  • 駐車料金は精算機での前払い方式で、車のナンバーを入力する
  • ペットとの入場は不可
  • 食べ物の持ち込み不可(※離乳食と飲み物は可)
  • チケットの販売は開園30分前から
  • 5,000人の入場制限あり(※5月19日時点)
  • 雨が降っても商店街はアーケードがあるので安心

まとめ

 

昭和やレトロが好きな方、新しいアトラクションに目がない人にはオススメです。

逆に、そうじゃない方には、割高に感じるかもしれません。

全体のアトラクション数は少ないですし、おとなしめなものがほとんどです。

僕は、昔の建造物や歴史が好きというバイアス(かたより)があるので楽しめましたが、絶叫マシンが好きな方には、苦行かもしれません。違う意味で絶叫してしまうかもしれません(笑)

食べ物やシッピングに関しても、割高に感じました。

独自通貨が当日限り有効 & お釣りがないというのがネックなのかもしれません。

また、小さいお子さんを持つご家族は、いつもお子さんを楽しませるために出掛けてるかと思いますが、この日ばかりは立場が逆転するかもしれません。

全体的にコスパは決して高くないと思いますが、フラットな目線で、経験として一度行ってみるのもアリなのかなと思いました。

なぜなら、「昭和」をモチーフにしたテーマパークはありますが、遊園地は他ではないからです。たぶん。

あったらスイマセン(笑)

老朽化して昭和っぽいところは、あるかもしれませんが。

敗戦からみんな一致団結して立ち直った熱気溢れる1960年代の昭和。

あの頃に戻りたいと思っても、時を巻き戻すことはできません。

思い出はプライスレス。

当時を経験した人はもちろん、経験してない人も、熱気に包まれた活気溢れる昭和を一度体感してみてはいかが?

では、また!