〜「低コストで高品質」「短時間でハイパフォーマンス」なモノ・サービスを探し求めて〜

【ベランダ掃除・プール】が楽ちん♪ キッチンの水が 簡単に使える方法(排水の裏技あり)

ベランダの掃除をしたり、子どものプールをする時、「キッチンから簡単に水が使えるようになったらいいのに」と思っていませんか?

↓の左の画像のようなホースが差し込めるタイプの蛇口なら簡単に解決できますが、そうじゃない右の画像のようなシャワータイプの方が多いのではないでしょうか?

我が家も同じような状況で、以前はバケツで水を汲んで運んでました。

1人バケツリレー状態です。

重労働ですし、こぼして水浸しになったこともあります。

こんなことがあると、掃除やプールをやるのが億劫になってしまいますよね?

 

今回は、そんな悩みをスッキリ解決する方法をご紹介します
これでベランダはいつもスッキリ快適♪ プールだってエニタイムOKです!

【ベランダ掃除・プール】が楽ちん♪キッチンの水が 簡単に使える方法

では、早速いってみましょう!

キッチンの水を簡単に使うために必要な道具は・・・

コチラ!

じゃ〜ん!

て、何これ?ですよね?

必要なものは4つです。

  1. バスポンプ
  2. ホース
  3. 散水ノズル
  4. バケツ

この4つを使ってキッチンの水をベランダに届けます

バスポンプ

バスポンプをご存知の方は多いと思いますが、浴槽の残り湯を洗濯機に送るために必要な機器で、水を吸い上げることができます。

我が家では、↓のポンプを利用しています。4mホース付、タイマー付など選べます。我が家は最安値のホース無し、タイマー無しを選びました。コスパがめちゃくちゃ良いです。

ホースは4mだとベランダまで届かないので別途用意しました。


ホース
先述の通り4mでは足りないので10mのものを購入しました。ベランダ以外で使用することも想定して少し長めのものを選択しました。
我が家はホームセンターに行く予定があったため、ホームセンターで購入しました。ネットより若干安かったです。
もし、購入される場合はホースの内径に気をつけてください。
ポンプに接続できなければ使えませんのでご注意を。
先程ご紹介したポンプであれば、↓のホースが利用可能です。

散水ノズル
この道具は絶対必要ではありませんが、あった方が楽です。
なぜなら、ノズルがないと水を出したり、止めたりするのをコントロールできないからです。
水を止められないとホースからずっと水が出ていることになります。
我が家では、ホース同様ホームセンターで購入しました。
散水ノズルは値段がピンきりですが、出す止めるだけなら余計な機能のないシンプルで安い↓のようなもので十分だと思います。

バケツ
水を貯められるようなものであれば何でもOKです。
我が家では置き場所に困らないよう↓のような収納時にぺったんこになる折り畳み可能なものを使っています。

この4つがあれば、どこでも水道が使えます。
バケツの容量までにはなりますが、水道の出張だって可能です(笑)
関連記事

夏のライフハックまとめ こんにちは。夏生まれで夏好きのズッカです(@setsuyakujitan)夏は開放的で動きやすいので大好きな季節ですが、一方で夏特有の悩みも多く存在します。例えば、「[…]

ベランダで水が使えるようになるまで

今回、我が家で購入したもので解説しますが、恐らく他の製品でもほとんど変わらないと思います。

なぜなら、めちゃくちゃ単純で簡単だからです。

ホースを蛇口ではなくポンプに差し込んで使うだけです。

散水ノズルをホースに装着したら、3ステップで使えます。

  1. ホースとポンプをセット
  2. バケツに水を入れる
  3. ポンプのスイッチを入れる

①ホースとポンプをセット

ホースをポンプに↑の画像のようにつなげます。

つなげたら、ポンプ側はキッチンに、ホースの先端はベランダに設置します。


②バケツに水を入れる

キッチンの水道からバケツに水を入れて、↓のようにポンプをバケツに沈めます。


③ポンプのスイッチを入れる

ポンプのスイッチを入れれば、ベランダに水が流れます。

バケツの水はすぐになくなってしまうので、その都度補充するか、水を出しながら使います。

今まで苦労してた1人バケツリレーにおさらばです(笑)

これで、掃除もプールも楽ちんです。

↑の画像プールじゃないじゃん!って思いました(笑)?

これは、「ウォーターテーブル」という子ども達に大人気の水遊びの遊具らしいです。

正直大人からしたら何が面白いか分かりませんが、3歳の息子は呼びかけても夢中で声に反応しません(※無視される存在ではありません)。

プールと比べて用意と片付けが簡単で、水の量もかなり少なくて済むのが特徴です。

また、大きさもそこまでないので狭い場所にも設置できるので手軽です。

プールを出すのが大変な時、大人が1人しかいない時(妻1人で水遊びをさせる時)は利用しています。

プールの水を抜く裏技

プールの水を抜くのって結構大変じゃないですか?
排水ができる栓や穴があるならまだしも、ないものだと大変ですよね?
仮に栓があったとしても2倍速で水が抜ける裏技があります。
その名も「サイフォンの原理」。
ん?「サイモン&ガーファンクル」の髪が短い方じゃないですよ(笑)?
めちゃくちゃ簡単に説明すると「水は高いところから低いところに流れる」という性質を利用します。
ファンヒーターで使用する灯油ポンプを思い出していただくとイメージしやすいかもしれません。
これです。これ。
シュポシュポして1度灯油が流れ始めたら、もうノンストップ!灯油タンクが空になるまで吸い尽くします(笑)
同じことがプールでも可能です。
ホース全部をプールの中に沈めて、ホースの中を水で満たします。
満たしたら、ホースの片方の端を指で押さえて低い位置に持っていって指を離すと排水できます。

①ホースは短めの方がやりやすい

②ホースの中の空気をしっかり出して水で満たす

③水の出口は水面より低くする

上記のポイントを意識しつつ、1度排水が始まってしまえば後はノンストップ!
気がついた頃には・・・あら、不思議!プールの中の水は消えてます。
これで、後片付けが時短になり楽ですね♪

まとめ

いかがでしたでしょうか?

これで、水を運ぶ重労働から卒業できますね。

最後に、まとめたいと思います。

キッチンの水をベランダで簡単に利用するには4つの物が必要です。

  1. バスポンプ
  2. ホース
  3. 散水ノズル
  4. バケツ

ベランダで水を流すには、ポンプでバケツの水を吸い上げます。以下の3ステップです。

  1. ホースとポンプをセット
  2. バケツに水を入れる
  3. ポンプのスイッチを入れる

めちゃくちゃ単純で簡単です。

物さえ揃えば、すぐにできちゃいます。

これで快適なベランダライフが過ごせますね(笑)

では、また!