〜「低コストで高品質」「短時間でハイパフォーマンス」なモノ・サービスを探し求めて〜

一言でいうとシリーズ① SPAC(スパック)とは?

世の中には、ネットで検索したり辞書を引いても、難しい専門用語が並んでいて分かりづらい言葉ってありませんか?

なんで、もっと誰にでも分かる言葉で簡潔に説明してくれないんだろ?って、思ったことありませんか?

僕は、そういった説明をよく目にします。
同じような経験をされているビジネスマンも少なくないのでは?

このシリーズでは、時間の節約をしていただくために、難解な言葉を30秒以内に一言で解説したいと思います。

SPACとは・・・

第一回目は「SPAC(スパック)」です。

最近、日経を始め様々なニュースでよく目にする機会の多いSPAC(スパック)。

ウィキペディアでは、
「特別買収目的会社(とくべつばいしゅうもくてきがいしゃ、英語: Special Purpose Acquisition Company、SPAC)は、特定の事業を有さず、未公開会社・事業の買収を目的に設立される企業。」と、なっています。

ん〜分かりづらいですね。

 

では、小学生にもわかるよう30秒以内に一言で解説します。

「ぶいぶい言わせてる良い会社みっけてきて、金に物言わせて俺のもんにして、将来ビッグになっから、お金ちょーだい!だけの何もしてない会社」

約束の30秒がたったので、メリット、デメリットなどは各自勉強してください(笑)

前提知識を得たので、大丈夫だと思います!

では、また!